リフォーム・建築工事一式・エクステリア・不動産賃貸売買のことなら葉山町の武田工務店へ!    





 




木造住宅耐震診断・耐震補強工事等助成制度
木造住宅の耐震化を図り震災に強いまちづくりを推進する
補助の条件
 (①~③の全ての条件を満たすこと)
①1981年(昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工された2階建て以下の戸建木造住宅(居住部分が床面積の1/2以上の兼用住宅を含む)であること
②申請者が市内に住所を有し、対象となる建築物を所有し現に居住していること
③申請者が市税を滞納していないこと
 
補助の金額
簡易耐震診断 ・・・・・・費用2万円のうち1万5千円を補助(自己負担5千円) 
一般耐震診断 ・・・・・・費用7万円のうち4万円を補助(自己負担3万円) 
耐震補強工事 ・・・・・・費用の2分の1(上限50万円)を補助 
耐震シェルター等 ・・・・費用の2分の1(上限25万円)を補助  
※注1 補助制度を受けるためには、事前に申請手続きが必要です。
    (契約前に必ず市まちづくり課へご相談ください。)

※注2 年度末(主に1〜3月)の補助申請については、当該年度の補助予算執行の
    状況を考慮する必要があるため、事前に市まちづくり課へご相談ください。

問い合わせ先
逗子市環境都市部 まちづくり課  046-872-8124


 居宅介護改修助成金(介護予防住宅改修)
安全な生活が送れるよう、住宅を改修する
※工事の前に保険給付の対象となるかどうかをケアマネージャーか逗子市の窓口に
 相談してください。
対象工事 
①手摺の取付
②段差や傾斜の解消
滑りにくい床材・移動しやすい床材への変更
④開き戸から引戸等への扉の取替え、扉の撤去等
⑤和式から洋式への便器の取替え
⑥上記①~⑤の改修に伴って必要となる工事屋外の改修工事も工事の対象になる
 場合があります
※事前の申請が必要です。工事前後の写真が必要になります
 
補助金額
生活環境を整えるための小規模な住宅改修に対して、要介護区分に関係なく上限20万円まで住宅改修費が支給されます。(自己負担1割または2割) 
 
受領委任払い
武田工務店は逗子市の受領委任払いに登録していますので、お客様が改修費用の全額をいったん負担することなく、保険給付分は業者に直接支払われます。
 
問い合わせ先 
逗子市介護保険課 介護保険係  046-872-8116 


住宅用スマートエネルギー設備等導入費補助金
逗子市環境基本計画に基づき、二酸化炭素の削減や循環型社会の構築に向け住宅用スマートエネルギー設備等の導入促進をはかる 
 受付期間
平成29年5月1日~平成30年2月15日 
 
受付件数 
平成28年度の補助金予算は99万円設備の種類によらず、申請順に受け付け、予算額に達した時点で申請受付を終了 
 
 対象となる住宅
①市内に住所を有し、自らが居住している住宅
②市内に転入し、自らが居住するために購入する新築住宅 
 
補助対象設備と補助金額 
HEMS機器  上限5千円 経済産業省の「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)」の補助対象経費                     ※設備費のみが対象です
家庭用燃料電池システム
(エネファーム) 
上限3万円  経済産業省の「民生用燃料電池導入支援補助金」 の補助対象経費      ※設備費、工事費が対象です
定置用リチウムイオン
蓄電システム 
上限3万円  経済産業省の「定置用リチウムイオン蓄電池導入事業費補助金」の補助対象経費       
             ※設備費のみが対象です
 電気自動車充給電設備 上限3万円  経済産業省の「次世代自動車充電インフラ設備促進事業費補助金」 の補助対象経費      
            ※設備費のみが対象です 
 
申請者の条件 
①市税の滞納がなく、年度内に設備の設置または設備の設置された新築住宅の購  入が完了でき、 かつ、補助対象設備を所有する方 
※注意1 市内に転入する申請者は、年度末(完了報告)までに、設備を設置する     住宅において、逗子市の住民票を取得する必要がある 
 ※注意2 賃借人が申請する場合は、住宅の所有者又は管理を委託されている
     事業者の同意を書面で得る必要がある 
住宅の条件
①設備を設置する住宅は、共同住宅、店舗・事務所等との併用住宅を含みますが  延べ面積の過半が居住の用に共されるものに限ります 
※注意1  補助金の申請者以外に、設備を設置する住宅の所有者がいる場合は、      その全ての所有者の同意を書面で得る必要があります(第4号様式) 
※注意2 共同住宅の場合、設置する設備を居室部分で使用することが条件となり      ます(共用部分での使用は補助対象としません) 
※注意3 建売住宅購入の場合、「住宅の引き渡し」によって事業の着手と完了が     同時に行われたものと扱います
 
問い合わせ先 
逗子市環境都市部 環境管理課  046-872-8123
 
住宅設備改良費の補助
 
1 住宅設備改良 
既存住宅の玄関、台所、浴室、便所、廊下などを障がい者に適するように改造する
場合、最高40万円まで補助。(介護保険による住宅改修が優先される) 
補助対象者
下肢、体幹または視覚に1、2級の障害のある方
療育手帳A1,A2の方
身体障害者手帳3級かつ知能指数50以下の方
 
2 天井走行式移動リフトの設置
下肢または体幹に2級以上の障害のある18歳以上65歳未満の方が、既存住宅に天井走行式移動リフトを設置する場合、最高100万円まで補助
 
3 環境制御装置の設置 
四肢に2級以上の障害がある18歳以上の方が、既存住宅に環境制御装置(残存機能を利用して身の周りの電気製品や住宅設備等を電気的に遠隔操作できるもの)を設置する場合、最高60万円まで補助します
 ※施工前に申請する必要があります。事前に逗子市障害福祉課までご相談ください 
 
費用 
世帯所得に応じて自己負担があります  
 
 問い合わせ先
 逗子市福祉部 障がい福祉課  046-873-1111 内線226~22




         
                  
 
 
(c) Copyright 2008 TAKEDA KOUMUTEN CO., LTD All rights reserved.
株式会社 武田工務店